政治の右or左はナンセンス

今の政治を思想で右と左に分けるのは、どうも適していないように思うんだよね。思想の時代は既に終わって単純に利害の問題。フランスにしたって、ドイツ、イギリスにしたって問題になっているのは移民が増えて雇用が奪われていることが問題なわけで人権とかそんなのはあんま関係ない。貿易にしたって、大企業はグローバルに展開していて、今更、植民地主義でもない。ただ国民の生活を守るための方法が移民の制限や保護貿易になっている。

マスコミは移民だろうがなんだろうが、人が増えれば商売になるし、移民が自分達の仕事を奪うなんてことは考えていない。だから、ただウケさえ良ければいい。叩けるもの叩いていればいいだけ。もし真っ先に自分達の仕事が奪われるとなれば態度変えるだろうけどね。

でも日本の場合は、ちょっと特別だろうね。これすべて中共の拡張政策に刺激されて反発しているので半ば戦争のようなもの。ただ戦争のカタチが武力ではないところで利権が争われている。方法はどうでもよく目的は貿易の競争相手を潰す、これだけね。日本がいなくなれば資材調達も競争相手が減り製品ももっと売れて豊かになれると思っているから。

コメントを残す