SEOとパーソナライゼイションと

繋がるWEB

昨年のハミングバードアップデートでSEOの常識が大きく変わって被リンクの価値がドッと激減したことであたふたしている人もたくさんいるはず。で、今後 のSEOだけど、厳密にSEOと言って良いかどうかなんだけど、ちょっと造語させてもらうと「P+SEO」というものになってくるのでは無いかなと。

”P+”はGoogle+のこと。多くの人が多かれ少なかれGoogleのパーソナライゼイションの影響を受けて、友達のアドレス帳から招待されたりサー クルに入れられていたりする。その友達繋がりからのレコメンドでの検索結果という流れが今後は強化されていくのではないかと。その意味では”P+”はパー ソナライゼイションの”P+”でもある。

もうちょっとすればGoogle+のAPIが出てくるだろうし、そうなればその結果に対してコンテンツ、UIを最適化することだって出来るようになるかも しれない。もちろんGoogleはそれを望んでいないと思われるので、誰かがHackすることになるだろう。そこで、やっぱり従来のSEOのようなイタチ ごっこが始まるかなと妄想

いずれにしても多くの人がGoogleのサービスを利用して、Googleにログインしている状況では検索結果はパーソナライゼイションによって異なる、偏るということに着目した方が今後のSEOには必要だろうと思う。

コメントを残す